牡蠣の効果

アンケートの中には牡蠣を利用して美容効果を得ているという声を見ることが出来ました。
牡蠣は冬の食べ物というイメージもありますが、夏などでも日本海側でとれる岩牡蠣などが出回ることから年間を通して食べられる食材でもあります。

この牡蠣の栄養として、亜鉛が多く含まれているのが特徴として挙げられます。
亜鉛は肌の健康を保つためには欠かせない成分です。
亜鉛が十分に足りていれば、ハウスダストなどからも肌を守ってくれますし、肌に充分な水分を蓄えてくれます。
最近肌荒れが気になるという人はこの亜鉛が不足しているかもしれません。

また、カキは海のミルクとも言われ、多くの栄養が含まれていることでも知られています。
鉄分やビタミンB12、銅や葉酸など、血液を作るために必要な栄養がしっかりと含まれ、貧血になりやすい女性にとっては特にうれしい食材です。
このように、牡蠣は美容効果を得たい、健康で元気に毎日を生活したいという方にもおすすめの食材です。
美容を気にする方にはぜひ摂取していただきたい食材です。

おすすめの牡蠣レシピ

牡蠣料理としては、牡蠣フライや鍋などが定番となっています。
特に鍋などでは多くの食材と一緒に食べることが出来ることから、美容効果も高い食べ方です。
また、亜鉛の効果をしっかりと得たいという人には、生でレモンをかけて食べることをおすすめします。

亜鉛は体に吸収されにくい成分です。
その吸収されにくい亜鉛の吸収率を高めてくれるのがレモンに含まれるクエン酸やビタミンCです。
亜鉛がどんなに美容効果が高い成分でも体の中に吸収されなければ意味がありません。
亜鉛の美容効果をしっかりと得たいという人にはレモンと一緒に食べるのが最適です。

生が苦手という人には、牡蠣のホイル焼きなどはいかがでしょうか。
ホイル焼きなら、アルミホイルに牡蠣や野菜、キノコなどを入れます。
味付けではバターと塩コショウだけでも美味しく食べることが出来ますし、みそやマヨネーズなどの調味料などを入れてアレンジしてみるのもよいでしょう。
自分なりのアレンジレシピで、牡蠣を上手く美容に役立ててみてはいかがでしょうか。